WorkingCoupleLab

共働き夫の育児&家事。社内SEのプロジェクトマネジメント。

ネットスーパー活用で買い物の生産性が確実に上がる

勝間式 超ロジカル家事を読んでネットスーパーを活用しみた。結論としては食洗機、衣類乾燥洗濯機、ルンバに次ぐ共働き三種の神器レベルでおすすめだ。

勝間式 超ロジカル家事

勝間式 超ロジカル家事

うちの家族は週少なくとも1回はスーパーへ行って食料品を買っている、移動時間+買い物時間を含めると少なくとも1時間は掛かっている、またペットボトルやお米などの重たいものを運ぶ大変さもある。貴重な休日の買い物の家事時間を削減できるのは大きい。ロジカル家事の本を読んでさっそくネットスーパーを比較検討し、試してみた。

ネットスーパーの比較ポイント

近所で利用できるネットスーパーのうちから数社を比較検討をして、配送時間、配送料、品揃えを軸に検討した結果、イトーヨーカドーを活用することとした。比較検討したのはイトーヨーカドー、SEIYU、楽天の三社。

配送時間帯

ネットスーパーなのでいつまでに注文すべきかといつ届けてもらえるかが重要だ。朝注文をして夕方には配達してもらえるととても助かる。どの会社もそこまで大きな違いは無かった。一番遅い時間帯で20時-22時の時間帯があるので平日でも通勤途中に朝スマホで注文して夜20時以降に受け取りができ重宝している。

配達料の割引

基本の配達料金は一定額以上は無料、一定額未満は300円というのものだった。うちのエリアでは5000円以上で300円の配達料金が無料となる構成であったが、5000円というのはそれなりに買い物をしないと到達しないので気軽に利用しようと思うとハードルがある。

そんな中でイトーヨーカドーは子供がいる家庭で条件を満たせば、配送料金が100円になる。これはネットスーパー利用のハードルがぐっと下がる。また小さい子供がいる家庭にとって子供をだっこしながらの買い物は重労働で可能な限り避けたい。

子育てママ応援します! 交付日より4年以内の母子健康手帳のご提示で、 配達料金が登録日より4年間、いつでも\100(税込) イトーヨーカドーのネットスーパー アイワイネット:

商品バラエティ

ネットスーパーで取り扱っている商品数も重要だ。欲しい商品が売っていなければネットスーパーを利用しても結局は実際に買い物に行かないといけなくなる。各社をWeb上で見た限りではイトーヨーカドーの品揃えが充実しており満足していた。またセブンプレミアム商品も買えるので、調理が面倒なときに手軽にご飯ができ重宝している。

上記3つを軸に比較検討し、配送料金が低くおさえられてネットスーパーとして使い勝手の良いイトーヨーカドーを利用することに決めた。

ネットスーパーのメリット

ネットスーパーを利用してみて、もうネットスーパー無しの生活が考えられないぐらい気に入っている。

(時間)買い物に掛かる時間が圧倒的に削減できる

家事時間を明確に削減ができる。休日であれば買い物のために移動時間込みで1時間は削減することができるようになる。また平日も朝注文して夜には受け取ることができるので平日の買い物時間も削減することができる。共働きでいちいちスーパーに行く時間が削減できることは本当にありがたい。

(手間削減)重たいものを運ぶ必要がなくなる

ネットスーパーであればたとえ重い物を買っても自宅まで持ってきてくれる、この夏の暑い中、家の前まで今朝注文したものを午後には届けてくれるなんて配達員のかたには頭が下がる思いだ。子供をだっこしながらの反対の腕でスーパーの重たい袋を持って帰るみたいな重労働をしなくてすむ。

(買い物の生産性向上)買い忘れ防止

これはネットスーパーを活用しだしてから気づいたのだが定番商品をネットスーパーのお気に入りリストにどんどん追加しておくことで次回以降の買い物についてお気に入りリストからまず商品を選んでいけば、何を買おうかと迷う時間を減らすことができる。また日々使う食品を欠品することが減らせる。日々買うものなんてそこまで大きな変化はない。家のその場でネットスーパーの注文を見ていれば、現在不足している食品がなにかその場で調べることができる。我が家ではバナナ、納豆、豆腐、カニカマ、牛乳あたりを定番商品として常に注文をしている。

失敗したこと

ネットスーパーの使い始めたときに失敗したことがあった、参考にしてもらえればと思う。

ネット注文と実態とで大きさの認識相違が発生した

これはネットスーパーに限らずネットで注文するときにはありえることだが商品の大きさが想定してたのと違うことが発生する、特に野菜や果物で発生をした。確かに100gなど重量や目安などはWeb上で記載してあるが、普段のスーパーでの買い物に慣れていると、あ、100gってこの量なのかと届いてから現実感を知らされる。ネットスーパーを使い込んでいくことでこの違和感はなくなっていった。

カートで選んでいた商品がリセットされる

これはイトーヨーカドー特有だと思うがイトーヨーカドーのネットスーパーでは1日1回商品の入れ替えでカートがリセットされる。あ〜これ買っとかなきゃと思ってカートに入れておいて注文まではしていなかった商品たちが次の日にはカートから消えているというのを数回はやってしまった。注文するなら一気呵成にその場で注文しきるがよい。

ネットスーパーは共働きにとって確実に家事を減らせる手段なのでお勧めめだ。ぜひ活用してみて欲しい。

ドライヤーと子供の髪乾かす時短

旅行中に宿泊したホテルで使用したドライヤーが大風量で普段お家で使っているドライヤーとあまりの性能差に気づき旅行から帰ってまもなくドライヤーを新しく買った。ドライヤー1つで毎日のQoLが上がったので紹介する。

大風量ドライヤーの驚き

ホテルで利用したドライヤーは大風量で瞬く間に子供の髪が乾き、普段の子供とのドライヤーする/しないのバトルなく髪を乾かすのが完了した。子供の髪を乾かす時間が圧倒的に短くなったことに驚きと毎日使うドライヤーを変えるだけでこんなにも時短につながるのかと発見があった。基本的に毎日ドライヤーは使うものだ、そして毎日使うものは時短したときの効果が大きい。旅行から帰ってまもなくドライヤーを買い替えた。

ドライヤーの購入検討軸

普段ドライヤーを真面目に検討したことがなかったので家電量販店の店員のかたへ相談し商品選択の観点を決めた。ドライヤーの主な検討軸は値段、風量、風の強弱機能、その他オプション機能(マイナスイオン等)だ。前にドライヤーを買ったときは値段重視で基本機能があれば良いと思って買ったが、今回は大風量があることを軸に必要な機能が最低限ついているもの、値段が予算内であるもので商品を決めた。
購入した商品

子供には熱風が熱い

これは新しいドライヤーを使い始めてから気づいたのだが子供は単にドライヤーが嫌いなのかと思っていたら、熱風が嫌だったのと同じ場所にじっとしているのが嫌だということがわかった。買ったドライヤーには温度低かつ大風量の機能があり、子供がドライヤーを嫌がらずに髪を乾かせられるようになった。

髪を乾かすのがスムーズにいくことになって1日3分は時短に繋がった。約5,000円ぐらいでこの効果は素晴らしく良い買い物をした。

スタンディングデスクを1ヶ月試してみた

スタンディングデスクを導入したきっかけ

仕事柄座りっぱなしの仕事のため、肩こり、腰痛があり夜になると足が疲れてだるかったり、ひどくなると定期的に整体に通ったりしていた。スタンディングデスクが腰痛に良さそうと言うので実際に導入して1ヶ月たった感想。

試しに買ってみた商品

買った商品はこちらの商品の幅120cmの大きさのデスクを購入。シンプルでお値段もお試しするには出せる範囲内だったので選択。ちなみに昇降式のスタンディングデスクもあり、そちらも検討したが値段が高くなるため見送った。ちなみに最後までIKEAのスタンディングデスクと迷ったけど一人で使う分には大きかったので見送り。


スタンディングデスク導入してみて

微調整が必要

 高さ固定のデスクにしたのでディスプレイの高さが合わず、ディスプレイの下にコピー用紙台を置いて高さ調整をした。デスクトップとキーボードは視線の高さとキーボードを打つ角度を考慮して別々の高さにした。結果非常にキーボードが打ちやすいかつ目線も自然に立っている目線でディスプレイが見える状態で満足している。

最初は足がやっぱり疲れる

 最初は数十分立ってパソコンに向かっているだけで足が疲れてくる、そしてそのまま足がだるくなり、背筋などが筋肉痛になった。でも数日続けると立っているのがそこまで苦ではなくなりスタンディングデスクに合わせた筋肉がついてきたのだと思う。最初は足が疲れるが慣れてきたので、集中して物事を考えるなどのデスクワークもできるようになってきた。また足腰を健康ためにスタンディングデスクを導入したので狙い通りであった。

だらだらネットサーフィンをすることが減った

 この効果が一番大きかったと思う。特にスタンディングデスクを導入したてはパソコンにダラダラ向かっているほどの体力がない。足がだるくなってきてダラダラとネットサーフィンをする時間が強制的に減った。

総論としてはスタンディングデスクを導入してみて健康につながり、ダラダラする時間も減り買って良かったと思っている。
f:id:mini_will:20170717175130j:plain:w600

フィットネストラッカー足首につけて放ったらかしでOK Misfit Rayレビュー

自分が日々どれぐらい運動をしているかに興味がありフィットネストラッカー MisfitRayを購入した。使用して1ヶ月ほどたったので使ってみた感想をレビュー。

MisfitRay買って良かったポイント

防水かつ足首に付けられる

 防水かつ足首に付けられるので足首につけっぱなしにしている。腕時計を普段利用していて時計型のフィットネストラッカーは見送りしたのと、フィットネストラッカーをつけているのを質問されるのが嫌だったので足首につけられるフィットネストラッカーを探しMisfitRayを見つけた。写真のように足首につけている。
f:id:mini_will:20170708180854j:plain:w150

電池が半年もつ

 充電不要で半年はもつのでつけっぱなしにしておける。AppleWatchのように充電をするために取り外す必要がないので足首につけて放ったらかしにできてすごく楽。ときどきiPhoneのアプリからデバイスとsyncして活動量を確認している。自分が動いているときと動いていないときが一目瞭然。歩かなきゃという気になる。
f:id:mini_will:20170708171734j:plain:w300

使用上の注意点

足首につけるときの交換作業

 足首にMisfitRayをつけたい場合、本体にプラスしてアクセサリーの購入が必要。また足首につけるバントの交換作業の難易度高。説明書が付属していなくてどうやって交換すれば良いのかがわからなかった。youtubeのこちらの動画に交換作業の具体的なやり方が載っているのを見つけて交換した。作業する人はこちらの動画を参考にするとよいだろう。 

【MISFIT】 RAY(レイ)バンドの交換方法

共働きのひとり時間の作り方

共働きで子育てをしているとひとり時間がすごく貴重になってくる。ひとりで考え事をしたりする時間は意識しないと独身時代と違って取れない。あっという間に休日が終わる日々になってしまう。会社で専業主婦家庭の男性の仕事にフルコミットする姿、独身男性の休日の気楽な話しを聞いていると時間って人それぞれだと感じる。共働き夫が少ない時間をいかに作り出すか日頃工夫していることを書いた。

子供の寝ている時間を活用する

  • 朝:子供が起きるまでの時間を活用する
  • 昼:お昼寝、午前中体いっぱい遊んで確実なお昼寝を
  • 晩:子供が寝た後の時間 毎日の習慣で寝る時間確保

子供が寝ている間が集中して考え事をしたり、気の赴くままに自分のしたいことをするチャンスだ。特に朝の時間が何か自分のやりたいことをするのにはおすすめだ。朝なら頭もスッキリしているので考え事をするのに向いている。休日のお昼寝を確実にとってもらうために午前中はできれば外で子供と遊ぶのが良い。

家事の時間を削減する

休日のスーパーへの買い物をネットスーパーに変えたらそれだけで少なくとも約1時間/週の時間が浮いた。お手軽な割に確実に生産性が上がるのでおすすめだ。自分はイトーヨーカドーのネットスーパーを活用しているが住んでいる地域に合わせてネットスーパーを選ぶのが良いだろう。

子供の集中する時間を作り出す

子供が少し大きくなってきたら図書館へ行ったり、宿題をしている時間を活用してみるのも手だ。子供が集中している時間は静かな時間で大人も有効活用ができる。

一緒に遊ぶときは全力で遊ぶ

最後に重要なこと。ひとり時間も大切だが子供と遊ぶ時間は最も重要。遊ぶときはスマホなどみずに全力で遊ぼう。子供の笑顔を見ていれば日頃の仕事と育児の時間の無さも和らぐ。

残業続きだったパパが確実に保育園お迎えに行くために工夫していること

f:id:mini_will:20170211171712j:plain
毎日残業続きのパパの僕が保育園お迎えに挑戦してみた。試行錯誤の毎日だが半年ほど継続してみて効果が出つつある、そんなパパが確実に保育園お迎えに行くために工夫していることをまとめてみた。早く帰って子供との時間をもちたいと考えているパパの参考になればと思う。

保育園お迎えに挑戦した背景

元々残業続きの僕が朝保育園お見送りをして、妻が保育園お迎えをする分担としていた。同じ分担の家庭が多いんじゃないだろうか。

思い立ったきっかけは残業続きの毎日をなんとかしたくていろいろと仕事術系の本を読んで対策を考えていたときに、朝早く出社して、早く帰れば夕飯家族みんなで食べられるんじゃないかと考えたこと。早起きは苦ではなかったので、妻に説明して僕が保育園迎えにいくことに挑戦してみた。

平日1日のスケジュール

6:00 起床
6:30 出勤
7:00 会社到着、仕事開始
8:00 保育園 お見送り ← ママの担当
18:40 会社退社、ダッシュで保育園へお迎えにいく
19:15 保育園お迎え到着
19:30-21:30 夕飯とお風呂
21:30 子供寝かし付け ← ママの担当&その後自分は会社のメールさばく
23:00 就寝

※ママが帰ってきたタイミングでバトンタッチして子供の寝かし付けをお願いしている。自分は家事育児が落ち着いた21:00ごろから会社のメールをさばいてる。夕食はなるだけ短時間で自炊できるよう工夫している。

※今勤めている会社は例外的に在宅勤務可能で家からメールやリモートMTGに出席することもシステム的には可能。柔軟な働き方に理解がある会社ではあるがパパが保育園お迎えのために時間切り上げて帰る人はほぼいない状況。

保育園お迎えに行くために工夫していること

お迎え予定があることを関係者に認知してもらう

パパというのは妊娠出産がないため放っておくと子育てをしていることが同僚からは分かりづらかったりする。僕は会社の個人カレンダーに18:30以降は「帰宅 保育園お迎え」と設定している。社内でお迎えにいくことを共有しておくと、遅い時間帯に会議が入らないし、同僚などから早く帰ることを認知してもらい帰りやすくなる。

帰宅時間になったら高速で帰宅準備して逃げるように帰宅する

周りが残業続きのなか一人早く帰るのは帰りづらいものだ。空気なんか読む必要はないという考えはあると思うがそうはいっても帰りづらい…。帰宅時間になったら高速で帰宅準備をしてノートPCをぱっと折りたたんで慌てて帰るのが保育園お迎えを理由に使える。

仕事のトラブル発生時の代替手段をもっておく

仕事上のトラブルが発生すると突発でお迎えに行けなくなる自体が発生する。そんなときのための代替手段は事前に検討しておいたほうがよい。

妻に17:00定時連絡する
もしトラブルが発生してお迎えが無理となった場合、17:00に妻に定時連絡をすることにしている。妻にはほんと申し訳ないのだが急遽お迎えに行ってもらうことを調整してもらっている。もし妻が難しいとなった場合は延長保育をぎりぎりまで伸ばしてとりあえず帰って、その後で在宅勤務対応することもある。

明らかに仕事上無理な日は送り/お迎えを変更する
明らかに仕事上バタつく日や飲み会などがある日は予めお迎えを交代しておく。無理な日は安全策をとることが大事だ。

仕事の生産性を上げる

本質的には生産性を上げて残業時間を少なくすることが欠かせない。

朝シフトの勤務体系に変更する
お迎えに確実に行くために仕事時間帯を前倒しシフトしてしまうのが得策だ。自分が残業続きの中でもお迎えを行けるようになったのは朝シフトをしたからだ。加えて早朝の会社は静かで集中できる、一気に自分の仕事をするチャンスだ。通勤も電車が遅延することが少ない。

人依存タスクは午前中に処理する
その日の必須タスクを確実に終わらせるために人依存タスクがボトルネックとなりやすい。夕方にあの件どうなりました〜と聞いていては帰れなくなる可能性が高い。午前中にリマインドすることを徹底しよう。

保育園お迎えを行くようになって感じたこと

迎えにいったときに子供の喜ぶ笑顔が疲れを吹き飛ばす

お迎えを行くようになって心の底から嬉しいことは帰ってきたパパを見つけたときの子供のとびきりの笑顔だ(^^) 子供が笑顔で飛び跳ねてこちらにダッシュしくれるのは無理やりにでもお迎えにきて良かったと感じる瞬間だ。
f:id:mini_will:20140819165437j:plain

平日に子供と一緒にいれる時間が増える

保育園から帰って夕食、お風呂と過ごすので一緒にいれる時間が増えた。夕飯を自分が作り、子供と二人で食べていると妻も帰ってきて家族みんなで夕飯を囲める。あたり前のことだが平日家族で夕飯を食べられることは幸せだ。

仕事の生産性が上がる

帰宅時間の制約があることで強制的に仕事を早く切り上げるのが必須のため生産性が上がる。ダラダラ残業している暇はない、Webでタスク管理の記事を読むよりよっぽど効果があった。


最後に、子供が寝てから残った仕事のためにメールをしていたり残業続きの生活は変わらずだが子供と一緒にいれる時間が取れるようになったこと、家族で夕飯を食べられるようになったことは自分にとって日々の生活満足度がかなり向上した。残業続きの生活でも工夫すれば保育園お迎えに行けるようになった。同じように悩んでいる人の参考になるといいな。

次につながるイヤイヤ期の子供への対応

f:id:mini_will:20170129162030j:plain

2歳になっていやいや期真っ只中のうちの子供。

親としてどうやって対応すべきかわからず困った。イヤイヤ期は普段以上に子育てに負荷が掛かる。そんな時に育児本を読んで試して効果があったことを紹介する。※あくまでもうちの一例。

 

 イヤイヤなことを言語化してあげる

イヤイヤ期とは子供がやりたいことを周りに伝えられなくてよりイヤイヤが増幅している状態。そのため何が嫌かを大人が言葉にして、こういうことがしたいの?それともこれがしたいのと伝え方を教えてあげる。そうすることで子供が自分の伝えたいことがわかり、自分はこれがしたいと伝えられる=次につながるコミュニケーションがとれる。

 

全力のイヤイヤ全部が解消するというわけではないけれど、次に繋がる親としての接し方なのでお勧め。

 

 ↓参考にした本。

男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方 (中経の文庫)

男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方 (中経の文庫)

 

 

女の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方 (中経の文庫)

女の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方 (中経の文庫)