WorkingCoupleLab

共働き夫の育児&家事。社内SEのプロジェクトマネジメント。

書評「ふたりの子育てルール」 親になることを知ってもらえない夫

ふたりの子育てルール

ふたりの子育てルール

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

うちの夫が喜んで家事をする理由。経済記者でありながら2人の育児に追われる著者が、共働き子育てのHow toを初公開。子育ての「大変」、「楽しい」に変わる。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 仕事と育児は両立できる!?
2 ふたりに必要なコミュニケーション
3 ふたりの家事分担、育児協力
4 これからのワーク・ライフ・バランス
5 父親も育児休業を取ろう
6 母親はなぜ仕事を辞めるのか
7 家事も育児もする夫を得る!
8 妻の家計責任、夫の家庭責任
9 よりいい職場環境
10 子育てはふたりだけのもの?

男性側の情報も多く載っているとっても役立つ本。母親が仕事を辞める理由に父親長時間労働がある。でもそれは見えづらく課題認識されていない。
 

・男性こそ仕事と生活の板挟みになる
全体を通していえるのは男性も女性と同じぐらい、またはそれ以上に家庭を重視したいと希望しているのに、その希望がかなえられていないということです。

男性は働くものという空気があり、希望が叶えられない状況である。

・親になることを知ってもらえない夫
 加えて男性の場合は、近いうちに父親になることを示す肉体的な変化がありません。自分から言い出さないと周囲には気づかれることがないのです。

はっとした!そうか!
言われるとそうなんだ。このことも男性の育児休業取得の難しさにつながっている。

・仕事を「時間」で評価する慣習の問題

短時間勤務というだけで成果に関わらず評価されにくいという問題。長時間労働して成果を残した人が昇進し、その人達が評価方針を決めているという現状があるので時間の問題は根深い。

・最初の課題は父親を夕食の食卓に返すこと
 父親を家族のもとに返すこと。より具体的には父親が家族と一緒に夕食をとれる時刻に帰宅できるように働き方を変えること。これこそ、CSRを意識する日本企業が取り組むべき課題ではないでしょうか。共働きでも多くの母親は、子供の夕食を作れる時刻に帰宅するので、やはり、課題は父親にあります。

この課題が多くの人は見えていないと感じる。自分もこの文章を読んで、あぁこういうことがCSRなんだと納得した。

「外せない会議はつくってはいけない」

ある男性は、「そもそも、外せない会議をつくってはいけない。仕事を一人で抱え込まず、常に同僚と情報交換して、もしものときは代わってもらえるようにしておく」ときっぱり。

仕事の基本的な考え方として日々情報共有しておくことがいかに大事か。



共働きに対する父親目線での違和感に気づけた本、共働きに悩んでいる男性にお勧めです。

ストレスからくる過食を防ぐためのポイント

f:id:mini_will:20170121180900j:plain
ここのところ仕事のストレスで夜遅くに帰った後、過食をしてしまうことが続いていた。で当然胃もたれもするんだけど胃薬でそれを誤魔化して過ごしてたら、限界がきてひどい胃痛に襲われた。食べ過ぎた後でいつも後悔するし、体に負担はかかるしで過食をどうにかしないとと考えていくつか本を読んで学んだ。

過食を防ぐポイント

  1. 食事、消化に関わる仕組みを知ること。特に過食のデメリット
  2. 仕組みで過食を防ぐこと。食べ過ぎを手間のかかる面倒なこととすること。


これらの本を読んで良かった。おかげで過食を減らすことができるようになった。


[Book]食べてやせる人 食べないで太る人

食べてやせる人 食べないで太る人

食べてやせる人 食べないで太る人

  • 作者: マイケル F ロイゼン/ メフメト C オズ,加藤忠明/ 佐藤ゆき,富永和子
  • 出版社/メーカー: 東京書籍
  • 発売日: 2007/08/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 10回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る

  • 満腹感は20分ほど遅れてくる。なのでゆっくりよく噛んで食べること。
  • 脳は果糖を食べ物とみなさない。そのため満腹感を持てず、食べ過ぎることとなる。
  • 脳は喉の乾きを空腹として伝える。空腹だと感じたらまず水を飲んでみて体が本当に必要としているのは水分かどうか確かめる。
  • アルコールは満腹感を鈍らせる。なので飲んだときに食べ過ぎてしまう。
  • つい食べ過ぎたら、2、3時間眠らず、30分歩けば、体が栄養を分解し、脂肪として、蓄えず、エネルギーとして消費する。

[Book]そのひとクチがブタのもと

そのひとクチがブタのもと

そのひとクチがブタのもと

  • 食べる量を20%減らす。人は欲しいと思う食べた量が2割少なくてもそれと気づかない。
  • 食べる前に見る。前もって料理を皿に盛っておくほうが、2、3度お代わりするより食べる量が減る。
  • 食べながら見る。わたしたちはすでに食べてしまったものをまのあたりにすると食べる量が減る。なにも手がかりがないとどれだけ食べたのかわたしたちはすぐに忘れてしまう。
  • 小さな皿に盛る。同じ食べ物を大皿に盛るより小皿に盛るほうが量的に十分だと錯覚する。
  • 残り物の二重の危険性に注意。冷蔵庫から出す残り物の小皿や小鉢が多いほどついつい食べる量が増える。
  • 食べ物は目の届かないところに置く。食べ物が目に入るから食べたくなる。
  • 食欲をそそる食べ物は不便にする。1手間増えるとめんどくさくなって食べる機会を減らせる。

[Book]人はなぜ太るのか

人はなぜ太るのか―肥満を科学する (岩波新書)

人はなぜ太るのか―肥満を科学する (岩波新書)

  • 食べ物を消化している最中は、自律神経、特に副交感神経が活発に活動する。それをコントロールするための信号が胃腸から絶えず発せられ、脳に伝えられている。脳の側からみれば、信号が次々と入ってくるため休む暇がない。つまり熟睡できない。

[Book]ファーストフードが世界を食いつくす

ファストフードが世界を食いつくす

ファストフードが世界を食いつくす

あまりファーストフードを食べないようにしようと読んでみた。あのおいしいフライドポテトの秘密とは…

2017年にやりたいこと 共働きの日々の暮らしを向上させること

f:id:mini_will:20161227130934j:plain

2017年にやりたいこと

  • 共働きの生産性向上
  • 残業時間を削減すること
  • Blogにアウトプットをすること


今週のお題「2017年にやりたいこと」